鶴岡八幡宮 舞殿(下拝殿)
Tsurugaoka-Hachimangu Maidono
国重要文化財

設計者:不詳
 住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
 竣工:?年
 用途:神社
地図 関連HP NOトップ 建築トップ
更新2009/12/1
(C) Copyright 1998 建築写真集 NO All Rights Reserved.
三方を山に囲まれた鎌倉の最奥部に位置し、ここを起点として若宮大路が由比ヶ浜へとのびる。源頼朝が幕府を開いた際、この鶴岡八幡宮を起点として都市計画を進めたとされ、鎌倉の中核ともいうべき神社である。もとは、平安後期に源頼義が草創した由比宮に始まるとされ、1180年頼朝がこの社を現在の上宮の位置に新たに社殿を造営し、さらに若宮を創建して、現在の境内の原型を整えた。現存する主な社殿はいずれも江戸期の建築。(建築MAP 横浜・鎌倉より引用)
20091118_143 20091118_144 20091118_145 20091118_146 20091118_147
20091118_143 20091118_144 20091118_145 20091118_146 20091118_147
20091118_148 20091118_149 20091118_150 20091118_152 20091118_153
20091118_148 20091118_149 20091118_150 20091118_152 20091118_153
20091118_156
20091118_156
(C) Copyright 1998 建築写真集 NO All Rights Reserved.