円覚寺 舎利殿
Engaku-ji Syariden
国宝

設計者:不詳
 住所:神奈川県鎌倉市山ノ内409
 竣工:鎌倉時代中期
 用途:寺院 仏堂
地図 関連HP NOトップ 建築トップ
更新2009/12/1
(C) Copyright 1998 建築写真集 NO All Rights Reserved.
鎌倉五山第二位、建長寺と並ぶ鎌倉の代表的な禅宗寺院。建長寺の寺地がほぼ平坦であるのに対し、円覚寺は斜面を巧みに利用しており、禅宗の理想とする山上伽羅の趣を伝える。1282年、蒙古襲来の戦没者を弔うため、執権北条時宗によって無学祖元を開山として創建された。境内の建築の多くは江戸時代末期の復興。 円覚寺の開山、無学祖元の墓所に見守られるように建つ。本来、鎌倉尼五山のひとつ太平寺の仏殿として建てられたもので1563年頃移築された。禅宗様のお手本のような建物。(建築MAP 横浜・鎌倉より引用)
20091118_053 20091118_054 20091118_055
20091118_053 20091118_054 20091118_055
(C) Copyright 1998 建築写真集 NO All Rights Reserved.