博物館明治村
旧帝国ホテル 中央玄関

設計者:フランク・ロイド・ライト
  住所:愛知県犬山市内山1
 竣工:1923年
 用途:ホテル
   旧所在地:東京都千代田区内幸町
地図 関連HP NOトップ 建築トップ
更新2007/8/22
(C) Copyright 1998 建築写真集 NO All Rights Reserved.
皇居を正面にして建てられた帝国ホテルは総面積34,000u余の大建築で、中心軸上に玄関、大食堂、劇場などの公共部分が列ねられ、左右に客室棟が配されていた。全体計画から個々の客室に到るまで、きわめて多様な秀れた空間構成がなされ、それまでの建築空間が主として平面的なつながりであったものを、立体的な構成へと発展させた世界的に重要な作品である。  この中央玄関は、建物の特色をよく遺しており、軒や手摺の白い大谷石の帯が水平線を強調し、またその帯が奥へ幾段にも重なって、内部空間の複雑さを予想させる。大谷石には幾何学模様の彫刻を施し、レンガには櫛目を入れて、柔らかで華麗な外観を現出している。 レンガ型枠鉄筋コンクリート造とも言える構造であり、複雑な架構に鉄筋コンクリートの造形性が生かされた作品である。移築に当たっては、風化の著しい大谷石に代えてプレキャストコンクリートなどの新建材も使った。 メインロビー中央には三階までの吹き抜きがある。中央玄関内の全ての空間は、この吹き抜きの廻りに展開し、その個々の空間は、床の高さ、天井の高さがそれぞれに異なっており、大階段、左右の廻り階段を昇る毎に、劇的な視界が開かれる。 建物内外は、彫刻された大谷石、透しテラコッタによって様々に装飾されている。特に左右ラウンジ前の大谷石の壁泉、吹き抜きの「光の籠柱」と大谷石の柱、食堂前の「孔雀の羽」と呼ばれる大谷石の大きなブラケットは、見る者を圧倒する。 吹き抜かれた大空間の中を光が上下左右に錯綜し、廻りの彫刻に微妙な陰影を与え、ロビーの雰囲気を盛りあげている。
20070328_172 20070328_173 20070328_174 20070328_175 20070328_176
20070328_172 20070328_173 20070328_174 20070328_175 20070328_176
20070328_177 20070328_178 20070328_179 20070328_180 20070328_181
20070328_177 20070328_178 20070328_179 20070328_180 20070328_181
20070328_182 20070328_183 20070328_184 20070328_185 20070328_186
20070328_182 20070328_183 20070328_184 20070328_185 20070328_186
20070328_187 20070328_188 20070328_189 20070328_190 20070328_191
20070328_187 20070328_188 20070328_189 20070328_190 20070328_191
20070328_192 20070328_193 20070328_194 20070328_195 20070328_196
20070328_192 20070328_193 20070328_194 20070328_195 20070328_196
20070328_197 20070328_198 20070328_199 20070328_200 20070328_201
20070328_197 20070328_198 20070328_199 20070328_200 20070328_201
20070328_202 20070328_203 20070328_204 20070328_205 20070328_206
20070328_202 20070328_203 20070328_204 20070328_205 20070328_206
20070328_207 20070328_208 20070328_209 20070328_210 20070328_211
20070328_207 20070328_208 20070328_209 20070328_210 20070328_211
20070328_212
20070328_212