博物館明治村
聖ヨハネ教会堂
国重要文化財

設計者:ガーディナー
 住所:愛知県犬山市内山1
 竣工:1907年
 用途:教会
    旧所在地:京都市下京区河原町通五條
地図 関連HP NOトップ 建築トップ
更新2007/8/22
(C) Copyright 1998 建築写真集 NO All Rights Reserved.
この聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインを交えた外観で、正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる会堂が配された教会である。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が開けられ、室内が大変明るい。構造は、一階がレンガ造、二階が木造で造られ、屋根には軽い金属板が葺かれておりこれは日本に多い地震への配慮とも考えられる。また構造自体がそのまま優れたデザインとして外観・内観にあらわれている。
20070328_053 20070328_054 20070328_055 20070328_056 20070328_057
20070328_053 20070328_054 20070328_055 20070328_056 20070328_057
20070328_058 20070328_059 20070328_060 20070328_061 20070328_062
20070328_058 20070328_059 20070328_060 20070328_061 20070328_062
20070328_063 20070328_064 20070328_065 20070328_066 20070328_067
20070328_063 20070328_064 20070328_065 20070328_066 20070328_067
20070328_068 20070328_069 20070328_070 20070328_071 20070328_072
20070328_068 20070328_069 20070328_070 20070328_071 20070328_072
20070328_073
20070328_073